今日もおこめが食べたい

今日もおこめが食べたい

好きなことを好きなように書くブログ。

Googleサーチコンソールの概要と操作説明。使いたい機能ごとにわかりやすく解説!

Googleサーチコンソールの概要と操作説明。使いたい機能ごとにわかりやすく解説!

f:id:kachan_1996:20210615213010j:plain

 

Googleサーチコンソールを導入したけど、どうやって使えばいいのか分からない!

  

ブログ運営の必須ツール「Googleサーチコンソール

 

とりあえず導入したは良いものの、結局なにを見ればいいのかわかっていない方も多いのではないでしょうか?

 

ぼくも、ふんわり分かった感じになって使ってます(笑)

 

さすがにそれでは成長も出来ないので、今回は勉強がてらGoogleサーチコンソールの概要と、見たいデータごとにどうやって確認するのかを紹介していきます!

 

Googleサーチコンソールって結局何が出来るの?

 

  • 検索順位の確認
  • Googleのサイト認識状況の確認
  • 問題発生状況の確認

 

  

Googleサーチコンソールでやりたいこと毎に利用方法を解説!【随時更新】

それでは、以下Googleサーチコンソールの利用方法解説です。

 

今回はやりたいこと毎に、Googleサーチコンソールをどのように利用すればいいのかを解説していきますね!

  

Googleサーチコンソールで最低限確認するべきデータ

f:id:kachan_1996:20210615213332p:plain

Googleサーチコンソールでは、各ページがGoogleでどのように検索されているかを確認することが出来ます。

 

データの確認は[検索パフォーマンス]から行います。

 

合計クリック数

サイト内のすべてのページがどれだけ検索結果からクリックされたか

合計表示回数

サイト内のすべてのページがどれだけ検索結果に表示されたか

平均CTR

合計表示回数のうち、クリックされた割合

平均掲載順位

検索結果で自分のサイトのページが何番目に表示されているかの平均値

 

確認できるデータは上記の通り。

 

図では青色の合計クリック数と紫色の合計表示回数をグラフとして表示していますが、カスタマイズも可能です。

  

上記のデータは全体のざっくりしたデータでしたが、各ページごとの詳細も確認可能です。

 

クエリ

検索に使われたキーワードごとのデータ

ページ

実際に表示されたページごとのデータ

検索結果に表示された国ごとのデータ

バイス

検索結果が表示されたデバイスごとのデータ

検索での見え方

低速ユーザーにGoogleが最適化したページを表示しており、そこから発生したデータ

>>検索での見え方について詳しく知りたい方

日付

日付ごとのデータ

 

それぞれ確認できるデータは上記の通り。

 

[検索パフォーマンス]を見ておけば、見込み客が何をもとめてサイトにやってきたのかを把握できます。

 

ぼくも基本的に、いつも見ているのはこれだけです(笑)

 

Googleサーチコンソールで絶対利用するべき機能

f:id:kachan_1996:20210615213426p:plain

Googleサーチコンソールでは、データの確認だけでなく、サイト情報をGoogleに認識してもらう機能も備わっています。

 

代表的な機能が[URL検査]と[サイトマップ]。

 

f:id:kachan_1996:20210615213511p:plain

URL検査では、指定のURLをGoogleに登録してもらう事が出来ます。

 

上図では、対象のURLがすでに登録されている状態でしたが、「インデックス登録をリクエスト」というボタンを押せば、再度Googleが対象URLのページを確認しに来てくれるんです。

 

これにより、記事更新でページ内容に変更があった場合もスムーズにGoogleに認識してもらえます。

 

f:id:kachan_1996:20210615213532p:plain

サイトマップでは、サイト内のページ構成が記載された「サイトマップ」をGoogleに認識してもらう事が出来ます。

 

これによりGoogleがサイト内の記事をスムーズに理解してくれるわけです。

  

Googleサーチコンソールに登録するサイトマップxml形式のファイルになります。

 

ユーザーが確認するhtmlファイルのサイトマップとは違うので、注意してください。

 

>>サイトマップの種類について

   

特定ページの削除リクエストを出す方法

f:id:kachan_1996:20210615213624p:plain

Googleに記事を認識してもらう事と同時に、Googleに記事を削除してもらう事も可能です。

 

削除にはインデックスの[削除]を選択し、「新しいリクエスト」を押します。

  

f:id:kachan_1996:20210615213653p:plain

上記のような画面に映るので、項目を選択して「次へ」を入力すると検索結果から削除されます。

 

各項目の意味は次の通りなので参考にしてください。

 

URLを一時的に削除する

指定のURLを一時的に6か月間検索結果に表示させない。サイトに記事が残っていれば6ヶ月後には再度表示されてしまうので、完全に削除するならサイトから対象のページを消す必要がある。すでにサイトからは消えているのに、検索結果上に残ってしまう対策として有効

キャッシュされたURLを消去する

URLは削除せず、検索結果に表示される文章と中身を削除し、クロール前のバージョンに戻す。誤って記事を更新してしまった場合に有効。

このURLのみを削除

入力欄に入力したURLの情報のみを更新する。

このプレフィックスで始まるURLをすべて削除

入力欄に入力したURLで始まるページを全て削除する。

例)「https://~.com/テスト」と「https://~.com/スト2」があった場合で、「https://~.com/テスト」を削除対象として指定した場合は、両方が更新される。

  

自分のサイトの被リンクを確認する方法

f:id:kachan_1996:20210615213729p:plain

被リンクとは、外部のサイトからもらっている自分のサイトに向けてのリンクの事です。

 

Googleサーチコンソールでは、どのページが被リンクを受けているかという内容と、どんな外部サイトが被リンクしてくれているかを確認できます。

  

自分のサイトが問題なくGoogleに認識されているか確認

f:id:kachan_1996:20210615213807p:plain

f:id:kachan_1996:20210615213826p:plain

Googleの検索結果に表示されていないページが存在したり、サイトそのものがペナルティを受けて検索結果からはじかれている場合には、[カバレッジ]と[セキュリティと手動による対策]にてエラーが発生します。

 

上記に問題がなければ、検索結果には表示されますので、安心しましょう。

 

Googleサーチコンソールでユーザーの気持ちを理解しよう

というわけで、以上がGoogleサーチコンソールの概要と基本的な使い方でした。

 

今回紹介したものだけ抑えておけば、とりあえずGoogleサーチコンソールの一般的な利用は問題ないかと思います。

 

それでは!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。